FC2ブログ
エゴマゾの多さにうんざりするS女様・独りよがりなS女ばかりで本気でお仕えする人が見つからないマゾ君達。そんな人達の為の教本的ブログです。調教の仕方&されかたも書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽむ子には許せない言葉遣いがあります。
それは

『~んで』

例が無いと分かり難いですね。


『20時から空いてるんで』
『メール送ったんで』
『僕はその日、仕事なんで』
『一人暮らしなんで』

(,,ノ#゚Д゚)ノ:キーッ∴;'・,;`:!!


『な の で』 で しょ ! 


本人丁寧のつもりなのかもしれませんが、
本当にイライラします。
面接の場面なら一度説教して脱落させるでしょうね。


若者には本当に多いので、身に覚えのあるマゾは気を付けなさい!

現代社会ではあまり指摘されない事かもしれないけれど、
一昔前なら怖い先輩にめっちゃ怒られると思います。



仕事の場面でもたとえ言われはしなくても、実は良く思われていない事が多いですからね。





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

基本的に奴隷は、女主人様に対して要求をしてはいけません。


これはどの奴隷も分かっている事だとは思うのですが、
知らず知らずのうちに要求してしまっているケースがあります。

そして、これ、女主人様も気付いていなかったりする場合があります。


辛い事+お願いします。という言葉をつけ足すと、お互い、要求ではないように錯覚してしまうのです。


例えば、
『罰として鞭打ち100回をお願い致します』

”罰”と付いているし、一見要求には聞こえませんが、
奴隷からお願いしてしまった時点で要求です。


こういう時、私なら逆に放置するか、全く違う種類の罰を倍の量与えますね。



ただし、懇願は別です。
懇願は、どうしても無理な時や、特別な時、
引き換えに何を差し出しても構わないけれど、これだけはっ!!

というのが懇願です。

【一例】
奴隷の誕生日に、女主人様と一緒の時間を過ごしたい。
たとえ、その間今までで一番辛い責めを受けていようとも・・・。


こういう気持ちのこもった懇願は、是非聞いてあげて下さい。


例の場合だと、
奴隷には責め苦だけを覚悟させておいて、当日は思い切り可愛がってあげる時間を間に作るのも良いと思います。
主人として、優しさも大事ですからね^^
奴隷は、普通に敬語・ですます語、を使えば良いという訳ではありません。

女主人様は自分に敬語を使ったりと、SM独特の言い回しをする事もありますし、
奴隷は女主人様を不快にさせない事が大前提です。

日本語としては間違った事を教えられたとしても、それはその方の躾けなので、
口答えなどおろかな事はせずに、素直に言う事を聞きましょう。


まず、奴隷からどう呼ばせるか。
様でもさんでも良いと思います。
精神が絶対服従していれば、呼び方などどうでもいいと思っているので、
ぽむ子の場合、公の場では『さん』で、メールや調教時は『様』と呼ばせています。
言い間違えても特に叱ったりはせずにスルー。

ただ、『まだこいつは服従というのがどういう事なのか分かっていないな?』
という薄いマゾや奴隷には、わざと人前だろうが何だろうが『様』で呼ばせたりもします。

言い間違えればその場で叱りつけたり、時には説教もします。
甘い顔をするとすぐに調子に乗るので、メリハリが必要なのです。


さて、では言葉使いで間違えた例文を書いてみましょう。
『今日は私なんかの為に、お時間をわざわざ空けて頂いて下さり、すみません』
ハイ、瞬時で分かるほど、ダメな事ばっかりですね。
だけど、テンパッた奴隷候補者にはよくある事なのです。



私なんか=へりくだりすぎ。卑屈さが逆に嫌らしく感じ、小馬鹿にしているのか?と思われてしまいます。
そもそも奴隷は、人間以下・無機質な物体以上という位置付けなので、わざわざ言う必要もありません。


私の為=お前の為ではありません。たとえ女主人様が奴隷の為を思って行動していたとしても、それは女主人様の優しさであって、奴隷側が『私の為』などと思うなどもってのほかです。

わざわざ頂いて下さり=よって、わざわざ空けることなどありえません。自意識が過剰すぎます。

すみません=申し訳なく思ってどうする、どれだけ上から目線なんだ?感謝の言葉が正解です。


だらだらと口上を述べるよりも
『お呼びつけ下さりありがとうございます。お会い出来て嬉しいです』

こういうシンプルかつ、素直な気持ちを言う方が好感が持てます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。