FC2ブログ
エゴマゾの多さにうんざりするS女様・独りよがりなS女ばかりで本気でお仕えする人が見つからないマゾ君達。そんな人達の為の教本的ブログです。調教の仕方&されかたも書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふるいにかける作業は終わりましたか?

それではいよいよ、奴隷志願者と実際に会って面接です。


面接をする日時ですが、奴隷もS女様もお仕事をしていると思うので
平日は夜・土日は昼間と、限られてきますよね。

とりあえず、避けた方が良いのは深夜です。
あと、ひと気の無い場所も避けた方が良いです。

マゾに気を遣って、話がしやすいようにと人気の無い場所を指定するS女様もいらっしゃるみたいですが、
奴隷志願者の方も警戒しますし、S女様としても危険はなるべく回避した方が良いので、
なるべく人目の多い場所で待ち合わせましょう。


おススメなのは、喫茶店。
カフェではなく喫茶店です。

カフェだと若い人も多いし、場所によっては夜のお仕事の方や風俗の面接なんかもよくやっているので、
煩くて大きな声をださなければならなかったりと、落ち着いて話す事ができません。



その点、喫茶店だと、店内の雰囲気も落ち着いているし、わりと静かなので、小声で話しても十分に聞こえます。
先に行って、席に座ったらどこに座ったか指示する形にしておくと、スムーズに事が運びます。


会ったらだいたい分かるとは思いますが、
・清潔感
・身だしなみ
・しゃべり方
・座り方

奴隷志願者の行動全てが審査の対象なので、小言を言いたくなったらその場で言って構いません。

『まだ主人でもないのに・・・』

と思う(顔にでます。笑)奴隷志願者にはハッキリ言って用が無いですし、
叱るのにもエネルギーがいる事、別に言わずに脱落扱いにしても良いのにわざわざ叱る事の意味を全く考えていないので、その旨を伝えて脱落でOKだと思います。


その場で決定できない場合は、仮合格扱いにして一度プレイしてみるのも手ですよね。





スポンサーサイト
[PR]

[PR]


さらにふるいにかけて行きましょう。

先に写メを要求するのも手です。
だけど、こちらから顔を送る必要はありません。
女性の方が何倍もリスクがあるので、”写メを断ったら不合格”にしておいても良いと思います。
ただ、相手もひやかしに何度もあっていたりするので、顔以外の部分の写メを送るなどして、
不安を取り除いてあげるのも良いかもしれません。



他に、奴隷としての資質以外にも、合否を分けるポイントがあります。


・自宅から、女主人が良く行く市街地までの距離と時間
・既婚か未婚か(嫁に訴えられるリスクが出てきます)
・一か月にSMにかけられる予算(プレイの頻度や、道具を買わせる為)
・同居人の有無(自由度が低くなる為)
・車の有無(足として使えるかどうか)
・アレルギーの有無(食事や触れるものの制限)
・仕事が休みの曜日(合わないとどうにもならないので)


他にも、以前お仕えしていた方の有無。
いらっしゃった場合は、何故お別れしたのかその理由で判断したり、
無理難題を吹っ掛けて、できるか?と聞いてみる”かぐや姫方式”など。


色々な判定方法があるので、是非色々試してみて下さい。

実際に面接する人数は応募の5%程度にしておくのがベストだと思うので、
それまでのふるいの作業というのは大変ですが、頑張りましょうね^^
探し方・S女様編1の続きです。

募集するにあたって、ふるいにかける意味で、NG行為・NGワードというのを作っておくのもおススメです。

私のNG行為・NGワードは、

・催促メール
・NGプレイは~
・希望プレイを言ってくる

この三つでした。

M男というのは、元々辛抱の出来ない生き物なのですが、
個人奴隷の応募でまで、ちょっとの我慢もできないようでは先が思いやられます。

こちらから返信していない状態で、連続してメールしてきたら即脱落。
「届いていますでしょうか?」のような内容でも、一日と空けずに送って来たら却下です。
万が一メール事故というのもありますが、そのような場合は数日たってから送って来るので、
催促なのか、本当に事故の心配なのかの違いはちゃんと分かります。

催促行為は、
こちらには数百という応募があると言う事。
応募者は自分一人だけではないという事。
その為メールを読むだけでも結構大変だと言う事。
これらを考えていない証拠ですよね。

そして、こういう事を言うと『何を偉そうに!』と思うM男には初めから用事が無いので、
一度叱ってみるのも手かもしれません。

一応催促をした子全員には、叱ってから脱落にしましたが、
9割は反省のできる良い子でした。




NGプレイと希望プレイについては、前に書いた通りです。

肉体的プレイをするもしないも主人次第。
その前からNGだとか、希望プレイだとか言うようでは、女主人の奴隷はつとまりません。


そんなもん、主従関係を築いていく中でのやりとりで分かっていけば、
そして徐々に開発していけば良いんですからね^^




奴隷ごっこはよそでやってもらいましょう。


つづく

探し方・S女様編3
奴隷・主人の探し方で書いたように、アドレスを用意したら次は募集文書きましょう。


割合から言って、S女さんの方がM男君より圧倒的に少ないので、
どんな文章でも全く応募が無いという事はないと思います。

だけど、適当に書いた文章は分かります。
M男をあなどるなかれ。

真剣に主人を探している子ほど、S女さんから出る言葉に敏感です。


適当な募集には適当な応募しかありません。


文章はPCや携帯のメモなどで一度下書きし、
何度も何度も手直しをしてから掲示板に書き込む事をおススメします。




では、どんな内容を書けば良いのか。

まず、あくまで主人と奴隷という主従関係を求めているのであって
プレイありきの関係は求めていません。
という事は書いた方が良いかと思います。

掲示板を見ているM男の中には、
SMクラブに行くとお金がかかるから、素人の個人奴隷になってタダでプレイしようという不届者もいます。
それをより分ける為意味でも、こういった記述は必要です。

本来、肉体的調教をするもしないも、主人の自由ですからね。


セックス奴隷・舐め犬のような、肉体にしか用事の無い奴隷の募集の場合は別ですが、
セックス奴隷でも、先にちゃんと精神的主従関係を作ってから、
セックス奴隷に調教して行く方が良いと思います。
性的な事専門の奴隷を望むM男は、Mではない場合もあるので危ない目に会う可能性も高くなります。



次に、ハードルを上げておく事もおススメします。
・一本鞭必須
・お仕置きにはケイン使用
などなど。

よっぽど慣れている人間以外にとっては、上記の二つは拷問です。

それでも仕えたいというM男君は、

これらの痛みを経験した事が無いか、
知っているけどそれでもお仕えしたいか、
鞭だけで射精できるほどの鞭好きか、どれかです。

この辺りの見極めは、メールを2~3やり取りすれば分かるかと思います。


つづく

探し方・S女様編2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。