FC2ブログ
エゴマゾの多さにうんざりするS女様・独りよがりなS女ばかりで本気でお仕えする人が見つからないマゾ君達。そんな人達の為の教本的ブログです。調教の仕方&されかたも書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近新しい奴隷を一匹破棄したせいか、気が立っているぽむ子です。


奴隷ではなく奴隷ごっこで気持ちよくなりたかった彼。


奴隷に迎えに来させて、約束の時間以降30分外で立たされる女主人様。



ありえません。



道が分からないなら聞けば良いのに、
『分かるか?』と念を押して聞いたのに、
道が分からなくなり、右往左往。。。。


馬鹿なのか?
普通迷った時点で連絡してこないか?


仕方ないから、わかりやすい大通りに出てあげた私を素通りし
それに気付き、迂回して迎えに来るならともかく、

私が歩いて行くのを車の中で待ってるし!!

出ろ!待つならせめて外で立って待ってろ!!

会うなり大声で叱りつけると、
なぜかうすら笑いだし。




どこか頭の回路がおかしいとしか思えないんだけど!



私の職場の場所は前から知っているのに、いつかお迎えに行く日が来ると分かっていたのに、

下調べはまったくせず、

持っている地図を出させれば、かなり引いた状態の、道の詳細の載っていない地図だし、



前々からご主人様を乗せると分かっていながら、車のエアコンは壊れたままにしてるし、

激怒した私がお仕置きに傘の先で手を叩けば、第一声が

『い・・・痛いっ!』



(# ゚Д゚)歯ぁ食いしばれぇ言ったろぅが...
だいたい車の中でなんてあまり振りあげられないんだから、たいした痛みじゃないだろう?!


車にはもう二度と乗りたくないので、他に何ができるのかと聞けば
『足の角質取ったりとか・・・』

はいはい。
そんなの誰でもできますよ。
あ、マッサージもね、定番だよね。

そんなのできて当たり前だし、そういうの使えるって言わないから。


破棄しようかどうしようか悩んでいる頃、
辞めさせてくださいのメールが届きました。



奴隷が自ら辞めさせて下さいって!(笑)
何様?!お前は何様なんだ?!

その時、この子は奴隷になる妄想ばかりで、どういうものか現実として考えていなかったんだなぁと思いました。
最初の文章に惑わされすぎたなぁ・・・。
奴隷牧場の調教師を目指すぽむ子ですが、
人間的にどうにもならない子はもうどうにもならないんだという事を学びました。



そうかと思えば、最近よその女主人様に仕えている子と仲良くなったり、
年齢的に次の方が最後だから・・・何か物凄い覚悟をしているマゾに出会って語りあったりと、
良い出会いは沢山していたりする今日この頃です。



新たに、ベースが既にできている上に更にハイレベルな奴隷を目指し、
自ら日々鍛錬を積んでいる子を見つけ、早速奴隷の証としてあの場所にピアスを着けた事だし♪

あの子の成長が今から楽しみです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

先日、お友達の女主人様と遊びました。

その奴隷君と3人で散々飲んで、
まだ飲み足りなかった為、我が家でシャンパンでも・・・・


と思ってたのに、いつの間にかそこは阿鼻叫喚の地獄と化していました。

いや・・・まぁ細いケイン数本でメッタ打ちにしていただけなのですがね。
どS二人による終わりが見えない責めに恐怖したのか、
奴隷君のあまりの怯えように、逆にメラメラしちゃった訳ですよ。


最終的には、絶叫後に泣き喚く彼と、宥める女主人様と、血だまりになった床を拭くぽむ子という
ある意味地獄絵図が完成(笑)


で、その日、
包丁はカッティングには向かないんだと言う事を学びました。


確かに元々お肉とか切るものですもんねぇ。
そりゃちょっとやっただけでバッサリ切れちゃうわ。
未使用の包丁だったから尚更・・^^;
※切ったのはその奴隷君の女主人様の方ですよ、ぽむ子にとってはあくまで人の物なので。


ほんの少しだけ心配はしていましたが、、
翌日、女主人様の横で傷口を私に見せる顔の嬉しそうなこと。


( ´_ゝ`){・・・・・


今から病院で縫って貰おうかと言う顔もはにかみ気味で、なんだかモヤッとしたので、
とっくに血が止まった後の縫合がどれだけ拷問じみているかを教えて怯えさせておきました。

その時は気が狂いそうでも、
暫く残るであろう、女主人様が付けた傷跡ってものは、奴隷にとってなんだか嬉しいものなんだろうな。


確かに、痛みのわりに痕がついていないと知った時は、みんながっかりしてますねー。



来週、ヘタレの方の奴隷に鞭打ち宣言をしましたが、
ケインもやってみようと思いました。



絶叫しても良いように口枷を用意してあげるなんて、ぽむ子様やさしーっ!!!(笑)
最近奴隷を放置気味です。

構って優しくし続けたらつけ上がる・・・とは別に思っていないのですがね。

なんかこう、私から連絡が来なくて、
不安になったりしょんぼりした顔を想像して『良いなぁ』と(笑)


今週本当は肉体的ヘタレ奴隷の方に、本格的に鞭を打とうと思って本人に予告までしていたのですが、
どうもぽむ子の体調がよろしくなく、延期になりました。残念。


鞭は精神というか、気を込めないとダメなので、
体調が悪かったり気持ちが散漫だと打てないのです。

打っても良いけど、それでは本当の意味での鞭打ちでは無いの。



ただ虐待がしたい訳では無いですからね。

気を込めて打つと、相手にもそれが伝わります。
勿論体的には痛いですよ。

だけど、気を入れて打つと、涙を流しながらも『ありがとうございます』と心の底から思うのです。(M男談)



こういう鞭は、とってもとってもエネルギーを使う。

打たれている奴隷の限界を呼吸で見極め、ギリギリのところで解放し、言葉や体温で精神を揺さぶらなければならない。

結構大変な作業だけれど、支配をする為なら労力は惜しみません。




そうなんです。
私のとって、好きなプレイとかそういうのはぶっちゃけ無いんです。

ただ支配したいだけ。
本当の意味で私の足元に傅かせたいだけ。

だからぽむ子は、ほぼ初対面の時の土下座が嫌いです。
「本日はご調教~・・・(云々」
という、クラブの女王様がよくさせる調教前のアレね。



そんなもんしなくても、本当の意味で支配し、崇拝の対象になれば、
奴隷は自然と跪くのです。

口上など述べず、ただ土下座し、お会い出来て本当に嬉しいです。と体が言うんですよ。
言葉になどしなくても感じられるアレは、本当にたまらない。



この感覚に共感する女主人様が、周囲に何人もいるという環境にあるぽむ子は、もの凄い幸せ者ですよね。




一匹解放しました。奴隷君。

0140.jpg


私がまだ、主人として浅い頃に飼い始めた子なので、
調教の方向性とやり方をどこかで間違えたのだろうなぁ。

肉体だけが見事な変態にできあがり、
精神はマゾではなくなっていきました(笑)



笑い事じゃないか^^;



体で遊び過ぎちゃった。てへ。

まぁ、これが彼にとっての新境地で、彼もそれを喜んでいるので良いのではないかな?
これからはマゾとしてではなく、純粋な肉体改造系変態として
新たなチャレンジを続けてくれる事を願います。頑張れ!



さて、新しい方の奴隷ですが、
前回の鞭打ち(といっても超甘かったです)から何かを学んだのか、
今回は怯える事もなく、皮膚のこわばりもなく、
じっと目を閉じて鞭の感触を確かめるように打たれていました。


成長早いなーこの子。


私が、鞭の痛み以外の物も一緒に打ちこんでいるというのが、感覚で分かるようで、
しきりに『ありがとうございます』を言っていました。


あとは新しい縄の縛り方の練習台にして肉体は終了。




鞭と縄以外の調教ですが、
今後の私の奴隷達には、私のお友達やよその女主人のお役にも立てるようにしたいので、
マッサージとぺティキュアのやり方を指導。

『足のマッサージができます』というのはマゾにとっては定番のご奉仕なのだろうけど、
今まで、本当にマッサージが上手なマゾに出会った事が無いです。

ただ足を揉むだけで、マッサージが何かを全く分かっていないのです!マゾ君達!
ご主人様の足に触れられた事に興奮している場合じゃないですよ。



オスに対してやるマッサージと、女性に対して行うマッサージというのは全く違います。
指先でツボをぐいぐいやったって、そんなに気持ちよくないです。
逆に痛い事の方が多い。

そんな時は、容赦なく、履いているほうの靴のヒールを、思い切り腿にめり込ませてやります。


女性に対しては、
手のひらの神経全部を使い、手全体で包み込むように主人の肌に触れ、
手全体を使って圧をかけるようにマッサージするのが正解。
接地面が多い方が気持ちいいです。
高級マッサージチェアーの足に圧をかけるアレを想像してみて下さい。
多くの面積に圧がかかる方が気持ちいいでしょ?

マッサージクリームやオイルなどを使うとなお良いですね。



他の女主人様や女王様方にも使って頂き、

『良い子ですね』『よく躾けられてますね』

と言われるのが私の最大の悦びなので、
ゆくゆくは、そういうふうに育って欲しいです。


頑張ろ。

他の記事は堅苦しい教本的な物ばかりなので、
息抜きがてら、私・ぽむ子の奴隷調教日記でも書こうかと思います。

最近飼い始めた奴隷君。
精神的には根っからの下僕属性・・というか
私の思考や行動にいちいち感動を覚えるほど、
いつも脳みそフル回転で、M男にしては珍しく、女主人にとって不快指数が低い良い子なのです。

ただ、

奴隷思考が強すぎて、ぽめ子と居る事自体がもう、至福を通り越して


恐れ多く感じているというか何と言うか・・・






いやー、初めてプレイした時なんか、処女を奪うオッサンの気分でしたよ。

どうも勃起してしまう自分が許せないらしいです。
マゾなんだから、麻縄で縛られたら勃つわなそりゃ。
そんなん当たり前の事だろー。
なのに半泣きだし・・・。


んで、試しに軽く鞭を打って対話しようと思いきや
昔数回行ったSMクラブで無茶されて、鞭には結構なトラウマがあるくせに
頑張ろうとぎゅっと目を瞑って息を止めて力むし。




お前は処女の女子中学生か?!




ハードな虐待にも慣れっこで、自他共に認めるド変態の私でも、
処女に焼けた鉄を突っ込むような真似はできませぬ。

とりあえずは、
鞭打ちが単なる罰や虐待では無いという事を教えて行こうと思います。



何だかんだ言っても可愛い私の奴隷なので☆



鞭打ちって、クラブで好き勝手に打たれて苦手になってる子・多いんだよね~。
残念な事に。

(´・ω・`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。