FC2ブログ
エゴマゾの多さにうんざりするS女様・独りよがりなS女ばかりで本気でお仕えする人が見つからないマゾ君達。そんな人達の為の教本的ブログです。調教の仕方&されかたも書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊縛は責めと言うより愛撫です。
勿論責めの緊縛もあえますが、危険を伴う行為でもあるので、
初心者のうちは控えた方が良いと思います。

まず結び方。
手首を縛る時は、必ず緩みを持たせて下さい。
『え?こんなにゆるくていいの?』
ってほどゆるいです。手首が抜けなければそれでいい、くらいの感覚でOK。
自由を奪うのが目的であって、手首をうっ血させるのが目的ではないですからね。

これを知らずに、手首だけをガチガチに縛ったまま小一時間過ごすと、
手首から先が変色し、数日色が戻らない事もあります。
下手をしたら、後遺症が残るなんて事も・・・。

緊縛は、きちんとした知識を身につけてから行うようにしてくださいね。


↓今出版されているものの中で、プロの参考書として使える書籍です。
有末剛の緊縛五輪書 第壱巻 (1)有末剛の緊縛五輪書 第壱巻 (1)
(2005/05/17)
不明

商品詳細を見る

ぽむ子も、素人時代の初心者の頃、色んな本を買い漁りました。
緊縛の本って、結構大ざっぱで分かり難いのが多いのなんの・・・ ( ノω-、)
だけどこの本は、基本中の基本の事や縛り方解説・安全面の事など、写真と図解でとても丁寧に書いてあるのでおススメです。


さて、縄の痕が気になる人や奴隷君を飼っている方は、なかなか緊縛に進めないですよね。
そういう方は、先にお風呂にお湯を張っておいて、調教後に奴隷をお風呂に浸からせてあげて下さい。
ただ痕が付いているだけなので、血行が良くなり縄目の痕も取れ易くなります。
適度に温まったらOKです。
その後食事でもしていれば、短時間でアッサリ取れてくれます。

※傷になってしまったような痕は別です。


実用的な縄の注意点や工夫など、まだまだ沢山あるので
奴隷を緊縛している写真でも交えつつ、追々書いて行きますね。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shimobexx.blog118.fc2.com/tb.php/28-65262dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。