FC2ブログ
エゴマゾの多さにうんざりするS女様・独りよがりなS女ばかりで本気でお仕えする人が見つからないマゾ君達。そんな人達の為の教本的ブログです。調教の仕方&されかたも書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近奴隷を放置気味です。

構って優しくし続けたらつけ上がる・・・とは別に思っていないのですがね。

なんかこう、私から連絡が来なくて、
不安になったりしょんぼりした顔を想像して『良いなぁ』と(笑)


今週本当は肉体的ヘタレ奴隷の方に、本格的に鞭を打とうと思って本人に予告までしていたのですが、
どうもぽむ子の体調がよろしくなく、延期になりました。残念。


鞭は精神というか、気を込めないとダメなので、
体調が悪かったり気持ちが散漫だと打てないのです。

打っても良いけど、それでは本当の意味での鞭打ちでは無いの。



ただ虐待がしたい訳では無いですからね。

気を込めて打つと、相手にもそれが伝わります。
勿論体的には痛いですよ。

だけど、気を入れて打つと、涙を流しながらも『ありがとうございます』と心の底から思うのです。(M男談)



こういう鞭は、とってもとってもエネルギーを使う。

打たれている奴隷の限界を呼吸で見極め、ギリギリのところで解放し、言葉や体温で精神を揺さぶらなければならない。

結構大変な作業だけれど、支配をする為なら労力は惜しみません。




そうなんです。
私のとって、好きなプレイとかそういうのはぶっちゃけ無いんです。

ただ支配したいだけ。
本当の意味で私の足元に傅かせたいだけ。

だからぽむ子は、ほぼ初対面の時の土下座が嫌いです。
「本日はご調教~・・・(云々」
という、クラブの女王様がよくさせる調教前のアレね。



そんなもんしなくても、本当の意味で支配し、崇拝の対象になれば、
奴隷は自然と跪くのです。

口上など述べず、ただ土下座し、お会い出来て本当に嬉しいです。と体が言うんですよ。
言葉になどしなくても感じられるアレは、本当にたまらない。



この感覚に共感する女主人様が、周囲に何人もいるという環境にあるぽむ子は、もの凄い幸せ者ですよね。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/28(日) 09:53 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shimobexx.blog118.fc2.com/tb.php/29-772c7bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。